感覚や脳の個別研究から、感覚―脳機能システムの統合研究へ

Sensing Innovation

新たな感覚研究は、超高齢化に伴う諸問題を解決し、医学や医療・ヘルスケアの未来を拓きます。

スマート社会を支える技術の創出にも貢献し、豊かで幸せな社会の実現を目指します。

2021年のノーベル生理学・医学賞は、「感覚」の研究者に授与されました。
 

“2021年のノーベル生理学・医学賞は、「温度覚」と「触覚」の基礎研究者へ”

2021年、スウェーデンのカロリンスカ研究所は、今年のノーベル生理学・医学賞を、カリフォルニア大学サンフランシスコ校のDavid Julius教授と、スクリプス研究所のArdem Patapoutian教授に授与すると発表しました。受賞理由は、「温度と触覚の受容体の発見」です。(https://www.nobelprize.org)

 Julius教授は、唐辛子の辛味成分であるカプサイシンの受容体TRPV1を同定し、このイオンチャネル共役型受容体が熱や痛みを感じるセンサーとして働くことを見出しました。今回は、特に「温度」に係る業績が評価されています。本コンソーシアムの評議員である富永真琴教授(生理学研究所)は、かつてJulius教授の元でTRPV1の発見に深く関わり、顕著なご業績を挙げておられます。(https://www.nips.ac.jp/release/2021/10/nobel_tominaga.html

 Patapoutian教授は、長年謎だった触覚を司るイオンチャネル型受容体PIEZO1・PIEZO2を発見しました。この受容体は皮膚や内臓、感覚器に分布し、物理的・機械的刺激を信号化するために必須の役割を担っています。

 感覚の基礎研究者にノーベル賞が贈られることは、「感覚研究」がヒトや生物にとって極めて重要であることを示しています。温度覚・触覚を含めた感覚研究は、今後、医学・生物学のみならず、理工学・情報学・人文社会学などへの幅広い応用と展開が、ますます期待されます。

​お知らせ

2021年10月16日

第5回感覚フロンティア研究シンポジウムをオンラインで開催しました。

 220名を超えるご参加をいただき、盛況のうちに終えました。​多くの皆様のご参加、ありがとうございました。

2021年9月13日

​今後のイベント

「第6回感覚フロンティア研究シンポジウム」は、

2022年(令和4年)10月8日(土曜)に開催されます。

現地(大阪)とオンラインのハイブリット開催となる予定です。

第3回 聴覚ワーキンググループ「聴覚検査」を開催しました。

2021年5月14日

​第1回 味覚ワーキンググループ「舌と味覚」を開催しました。

​2021年3月17日

​第2回 ピッチイベントをオンラインで開催しました。

2021年3月16日​

​第​2回 聴覚ワーキンググループ「聴覚と中枢神経」を開催しました。

​第1回 ピッチイベントをオンラインで開催しました。

2020年11月6日

2020年11月6日

​第4回 感覚研究フロンティア・シンポジウム

ー感覚器から統合機構までの総合的理解と臨床医学への展望ー オンラインで開催しました。

 270名を超えるご参加をいただき、盛況のうちに終えました。

​ 多くの皆様のご参加、ありがとうございました。

New

2020年10月31日​

​第​1回 聴覚ワーキンググループ「聴覚と加齢」を開催しました。

2020年8月25日 

​第​1回 感覚研究シンポジウムを開催しました。

2019年12月9日

​第3回 感覚器研究イニシアチブ・シンポジウムを開催しました。

2019年4月6日 

​第2回 感覚器研究イニシアチブ・シンポジウムを開催しました。

2018年4月15日      

​第1回 感覚器研究イニシアチブ・シンポジウム開催を開催しました。